楽市楽座 まちなかトライアル

楽市楽座

滋賀県長浜市は、羽柴秀吉公(のちの豊臣秀吉)が初めて城持ち大名となった地です。
また、その城づくりは、これまでの戦国の山城と異なり商人による城下町づくりが主役となりました。「楽市楽座」による城下町づくりはその後の同様の城下町づくりの規範となったことから、長浜城は近世城下町のルーツと言われています。「近世城下町ふるさとまつり」では、城下町を有する市町が集まり、その特色あるまちづくりについてPRがされます。当時の楽市楽座は、衣食住に関わる販売のみならず、さまざまな催し物もあったようです。
そこで、地域の大学、高校、まちづくり団体など地域で活発に活動されている皆さま方に、日ごろの活動の発表、飲食・販売を通じた活動の紹介の場として活用いただけるブースを提供いたしますので、ご参加をお待ちしております。

10時00分~17時00分
場所:中心市街地 金屋公園~大手門通り一帯

楽市楽座 出展要項

○楽市楽座出展要項

募集要項はこちらから。

学生さん大歓迎、さまざまな市民活動のPRも行なっていただけます。

使用画像について
サイトに使用している画像は長浜市及び関連団体提供によるものです。

シェアする

フォローする